FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
stikk
スポンサー広告  

子ヤギが来た!
 1年ぶりの更新になります。
20年の苦労が報われJMCRにて両部門優勝することができ、ついに定年を迎えることになりました。

非常に忙しい毎日を過ごしていますが、急にお世話になっている粉河のお寺様から子ヤギを頂くことになりました。
急いでOBに手伝ってもらい作業日数3日位で小屋を建て、生後1週間の雌子ヤギ2匹と親ヤギがやってきました。

これからは、ヤギと過ごす老後の準備をしていきたいと思います

スポンサーサイト
stikk
老後の楽しみ   0 0

今日の出来事
 今日は、アバローム紀の国というところで和歌山県知事感謝状贈呈式があり
日頃より皆様の御陰で活動してこれたので、お呼びをいただき出席させて頂きました。

知事表彰

 感謝状という表彰状を頂くことが出来ました。

 ご支援・ご指導いただきました皆様、また、大会を開催してくれた皆さまの御陰と思っています。
ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
stikk
未分類   0 0

ジャパンマイコンカーラリー2018 全国大会
 あれやこれやと忙しく、しばらくぶりの更新となります。
ジャパンマイコンカーラリー近畿大会では、初めての両部門、個人・団体とも優勝することが出来ました。

 先日、東京八王子においてジャパンマイコンカーラリー2018全国大会が開催され、
選手3名、教員4名、OB1名で参加してきました。
 苦節19年やっとそれなりの結果を残してくれました。

 ベーシックは、近畿大会後カーボンを用いて作り直し期待していたのですが、
近畿大会からプログラムをいろいろ変えていたようでまともに走らず、予選完走すらしませんでした。
 アドバンスも2台ともカーボンを用い作り直して臨みました。1台は、調整時からなかなか来ず
最終調整もままならず、予選19位で敗退となりました。もう1台は何とかすべて考えられるところは
変更し万全を期したのですが、こちらもなかなか走らせて壊すのが怖いのか、プログラム調整は
完全ではありませんでした。しかし、考え直したところがうまくいったのか、予選一走目は思わぬクランクで
コースアウトしたものの、二走目で4位のタイムが出て決勝トーナメントに進むことが出来ました。
 決勝トーナメントにおいては、相手のトラブルに助けられ決勝戦まで進むことが出来ました。
決勝においては0.03秒差という僅差で敗退してしまいましたが、過去最高の準優勝という結果を残してくれました。

[広告] VPS


 マシンの性能とすれば十分優勝できるものという手ごたえを感じることが出来ました。
今度こそはという思いでまた指導していきたいと思います。・・・生徒がついてきてくれるか(;д;)
stikk
MCR   0 0

Ene-1GP 2017  KV-BIKE と KV40
 ソーラーカーで優勝した後、次の日にEne-1GPが鈴鹿サーキットで行われました。
昨年、KV-BIKEに参加した生徒が今年も出たいと言うので、ヤフオクとアマゾンなどを酷使し、
製作することになりました。

 試走会で取ったログから、走行方法を指導し減速比を再検討して挑みました。
昨年の経験から、1ラップアタックの重要性もわかっていたので精一杯走らせました。

2017kv40、kvバイク

 1時間耐久レースにおいて、1・2位に1周差の3位となり高校の部2位になってしまったと思っていたのですが、
両方のポイント合計で争われるため合計点で1ポイント差の総合2位・高校の部優勝となりました。
まさかこんな成績が納められるとは思っていなかったのですが、生徒たちの努力の結果か優勝してしまいました。
また、モーターが投擲回収ラジコンを作った時の予備のマクソンモーターを2本使用して出力を確保したところや
ラジコン用のデーターロガーを使っている所などが認められたのか、技術賞までいただきました。

 KV40は、なかなか指導を聞かないドライバーで今年も最後に止まってしまうかと思いましたが、
何とか完走して高校の部4位に入賞することが出来ました。
高野山麓橋本新聞と読売新聞にも取材をしていただきました。高野山麓橋本新聞
stikk
EV・EV-BIKE   0 0

ソーラーカーレース鈴鹿2017  2連覇!!
 先日、8月4・5日に鈴鹿サーキットでソーラーカーレース鈴鹿2017が開催されました。
今年はいろいろな事情から参加が危ぶまれましたが、OBの諸君やいろいろな方々のおかげで
参加することが出来ました。 そして、なんとチャレンジクラス4度目の優勝・2連覇をすることが出来ました。
2017ソーラーカー

午前中は台風の余波で雨が降り、どうなるかと思ったのですが、いつも通り紀北テルテル坊主を作ってもらい吊るしたところ、
午後からは急に晴れてきました。出発前にソーラーパネルの発電量を確認したところ、3枚のパネルが発電しておらず
交換はしたものの、その他のパネルの発電量も少なかったので、晴れると他チームに発電量が負けるので、
テルテル坊主さんを横にしたら曇ってくれました。
レース途中、あまりにも発電量が少ないのでテルテル坊主さんを一つだけ真っすぐするとまた晴れてきました。
テルテル坊主さんで発電量を調整しながら、前半は5分30秒くらいで電力を温存しながら走行し、後半、
ドライバー交代をして老体ドライバーが5分10秒くらいで追い上げました。残り1時間くらいでトップに立ち、
そのまま優勝することができました。

太陽電池チェッカーをお借りした浪越エレクトロニクス様、テレメトリーのバージョンアップをして頂いたオメガ電子様、
たくさんのOB達、その他、たくさんの方にお世話になり参加・優勝することが出来ました。本当にありがとうございました。
stikk
SOLAR CAR   1 0

PREV | HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。