スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
stikk
スポンサー広告  

鮎の一夜干しの燻製
 最近はロボットやマイコンカーよりも、燻製記事ばかり書いていますがこれもものつくりの一つと言うことで…

 先日作った一夜干しは、結局外では心配になり、車庫に移して朝まで回転一夜干し機を回し続けて、何とかうまく出来ました。しかし、時間が無かったので冷蔵庫にいれて置いていましたので、出してみると湿っていたので、また、回転させて1時間くらい乾燥しました。様子を見ようと回転を止めたところ、なぜか少し少なく思い数を読んでみると3尾足りません。下を見ると2尾落ちていました慌てて拾いました。しかし1尾足りません。移動するときに落としてにゃんこに食われたのでしょうか?

 気を取り直し、鈴鹿で買ってきたならのチップを使い燻製をはじめました。気温はそんなに高くないのですが、60度設定だとすぐに温度が上がるのか、以前カーボンを焼くのに使っていたサーモスイッチが効き煙の上がりが良くないように思いつつ、温燻で2時間様子を見ながら燻煙を続けながらブログを書いています。

 ふと周りを見ると蛍が2匹飛んでいました。もうそんな季節になったのですね。
鮎の一夜干し一夜干しの燻製
燻製終了熟成

 少しは色が付いたかとは思うのですが、そんなに香りも少なく燻製不足かなと思いつつ終了しました。
確認で1尾少し焼いて、実験結果を確かめていたところKに取られてしまいました。にゃんこより性質が悪いっす…
なかなかの美味に感じられました。明日の夜はどれにしようかな
スポンサーサイト
stikk
老後の楽しみ   1 0

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/07/13 22:20 | | edit posted by














 

http://stikk.blog40.fc2.com/tb.php/238-908c6d9b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。