スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
stikk
スポンサー広告  

ソーラーカーレース鈴鹿1ヒートの出走台数は?
 ソーラーカーレース鈴鹿の参加チーム・レース日程が発表されていますが、今年は8時間耐久1ヒートにおいて、オリンピア9台・ドリーム11台・チャレンジ19台に加え、エンジョイⅡ25台が混走予定になっています。昨年までは8時間耐久は40台+5台が走行台数になっていたのですが、予選による足切りが無ければ64台もの走行になります。

 1昨年前のドリームトップとスロー走行している車両をオーバーテイクしようとしていたチャレンジ車両との接触シーンは記憶に新しいですがたまたまのシーンではなく、たびたび起きています。特に最近走行速度の遅い車両のキープライト(鈴鹿サーキットにおいてはキープレフトではなくキープライト)が言われなくなり、スプーンや裏ストレート・130Rでも接触までも行かなくとも危険なシーンはたびたび起きています。走行距離を考えればスプーンにおいては当然左側を走行したくなりますが、トップチームは100km/h以上で走行しており遅い車両はストレートでも30km/hくらいで走行しています。遅い車両が、裏ストレートを上った後左から右へ車線変更をしていると動く障害物以外に何物でもありません。高速道路を30km/hで左右に走行している車両があったらどうなるでしょう?ヒート終了間際はどうなるでしょうか?チェッカーを受けようとしてスロー走行する車両をかいくぐってチェッカ前にもう1周と思って走行する車両が走行するようになるのが目に見える思いがします。

 安全面に配慮していただけるように主催者側に質問させた頂こうと思っています。賛同頂ける方は、下記 「拍手」 をクリックしてください!
スポンサーサイト
stikk
SOLAR CAR   0 0















 

http://stikk.blog40.fc2.com/tb.php/27-43d0609e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。