スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
stikk
スポンサー広告  

旧車復活
 生徒の活動を見ながら、長らくほっとかれていたアルミのフレームを使って復活させてみました。
ステア部とモーターは付いていたので、予備に取っていたギアを組み付け、ドライバーはスペア用に作っていたver.3
を取り付けました。CPUは生徒が取り替えて置いていた物を付けてmotortestで確認したところ正常に動いたので、
センサーを新しいものを付けて走らせたのですが、2日間大変苦労しました。
 結局、センサーのアナログの間隔を少し調整して安定したので走らせたのですが、何度も坂で飛び出しよく見ると
一瞬だけステア値が大きな値が出て、坂処理をキャンセルされていました。4年前のポテンションを取り替えて、
坂が大丈夫になったのですが、7秒くらいでコースアウトしだし、ログも止まっていました。やっぱり生徒がほっていた
CPUがだめで、交換したらまともに走り出しました。調整していくとやはり直線の後のR450が飛び出し始めました。
いつもの方法で何とか曲がれるようになり、11秒5くらいだったのが最終10秒994が出ました。
 電子部品は調子が悪いと思ったら、どんどん交換していくほうが良いようですね。

 全国で予選を勝ち上がるには、42mなので10秒前半は出さなければならないと思うのですが・・・
皆頑張ってくれるでしょうか?
スポンサーサイト
stikk
MCR   0 0















 

http://stikk.blog40.fc2.com/tb.php/309-49066230
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。