メンテナンス用具
 先日使用した、メンテナンス用具「コロコロ」を紹介します。
korokor

 新品の幅広コロコロにスポンジを2種類(N村君がマイコンカー用にいろいろ買ってくれたので)
巻きつけて、表面をやわらかくしました。いつも小さいほうを用意してくれていますが、
マイコンカーの経験の無い生徒が頼まれ補助員をしていると、なかなか丁寧には
コロコロしていただけません。また、1周する間に埃が付いてしまうので100均で、
まな板を買ってきて掃除盤を作りました。これなら掃除をしながら途中で綺麗にする事が出来ます。

 コース設置後、ウエットペーパーで熱心な先生方でコースの回りも綺麗にふき取ってくれ、
コロコロの数も多くなり今回はほとんど埃ひとつ付かないほどでした。
今までに無いコース状態で、安心して走行を見ていることが出来ました。

 しかしこれがあざになったのでしょうか?タイヤが大変綺麗な状態で少し粘着性が出ていたようで、
検査員側の検査紙の幅を合わせて検査紙の上に置かせ、反対側のタイヤを持ち上げ検査紙を
タイヤの下にあわせてそのまま下ろし、そこからストップウォッチを取って3秒計測し、3秒以内に
落ちなければいけないと言う検査方法をしてました。片方のタイヤを持ち上げると当然反対側に
強い荷重がかかり大変良く密着しくっついていました。
 生徒もベーシッククラスの経験はあるものの、物知らずで何も言えず・・・

 まさかこんな方法で検査しているとは思いもせず、気づいた時すでに遅く準決勝失格
全国へ行かれている先生も見ている中、なんと近畿の意識の低さかと反省しました。

 そんなことより、東海や北信越では11秒台たくさん出ているとの事。1秒以上の差があります。
やっぱりタイヤを変更して、全国大会ではトップから0.5秒以内を目標とさせたいと思います。

 運営委員・実行委員の皆様、お疲れ様でした。
もっと技術・知識を勉強し近畿のレベルを上げて行きましょう。


スポンサーサイト
stikk
MCR   0 0















 

http://stikk.blog40.fc2.com/tb.php/337-8ce21570